aboutへ戻る



2011年07月の日記




2011-07-30(土)

今日で今月の診療もお終い。
むちゃくちゃ忙しくって あっという間に午前診(土曜日は午前のみ)が終わってしまった。
8月になれば一気に患者さんが減るのが例年、
ヒマな8月を迎える準備をしなくっちゃ(笑)

海斗君の中学は宿題の多いことで知られています。
日々の宿題もそうですが 夏休みのそれも。
特に大学コースに残る意思を学校に伝えている子の宿題は独特のものがあります。
このコースの子には高校卒業時に論文4万字の課題が出されます。
ホンマに大学卒業並みの論文だと聞いていますが、
その練習と言うか ジブンでテーマを考えて そして調べて それを文章にする。
今の子たちには難しいとされていることを 機会がある毎にさせているようです。
私が卒業した専門学校も とにかくレポートを書くことを強要させられました。
あの2年間でどれだけのレポートを提出したことか…。
そして私も人のことは言えないのですが
高校からストレートに入学して来た子たちのレポートの酷いことったらなかったです。
そんな子たちも卒業のころには まぁそれなりのレポートが書けるようになりましたが、
講師の先生を「◯◯先生」と書かずに 「◯◯さん」と書いて怒られた子もいたし
まるでメールでも書くように顔文字で書いて
先生から再提出を何度も言い渡されてた子もしました。
海斗は語彙も少なく文章を書くことが苦手で
この論文や夏休みの宿題が また1つのハードルになりそうですが
社会にでるためにも なんとか乗り越えなければならないでしょう。

明日から田舎に海斗と帰ってきます
母に会うのは3年ぶり…かな。
我が家から550kmは離れているので 早朝に出発して山陽道を走る予定。
とにかく事故の無いようにして
行ってきます〜。





2011-07-28(木)

今日で海斗の1学期も終了いたしました。
わずかながらではありますが 成績もあがりましたし
もっと喜ぶべきことは あの英検3級に合格したこと。
面接で全然できんかった…と言うだけあって そりゃ〜ギリギリの成績でしたが
それでも合格は合格で 喜んでいます。
これで安心して中学を卒業できるはず(笑)
高校では準2級と2級に合格しないと大学に進学できないんで これもハードルが高い!
それでもまぁ1つハードルを越えたんで良かったってことにしましょう。
で、その海斗君
「今日で学校終わりや〜」と早速TVゲームばかりしています。
君には短い夏休みだから気合い入れてやらんと2学期がしんどいでって言うけど
相変わらず馬の耳に念仏…。

今日が実家の母のオペの日。
弟が付き添っているので安心していますが こうも離れて暮らしていると
なかなか帰ってやれないことに心が痛みます。
自分がこんな年齢なんで 母が歳を取っているもの当たり前か…
オペが成功して少し元気になることを願っています。





2011-07-24(日)

天気の良い今日
海斗は図書館に行ったあとでサイクリングに出掛けました。
それ用の自転車ではなく ママチャリに近い自転車で。
それに乗って往復で20Km以上走ってきたらしく 日焼けした顔で戻ってきました。
まるでお猿さん?って程の真っ赤な顔で(笑)
男の子なんで遠出するのはいいけど 事故だけ無いように…って思います。

さて昨日は三者懇談でして。
普通 海斗の中学は席次を言わないんですが
3年生になってからがんばってる海斗の為にもと 先生に言ってそれを聞いてきました。
2年生の3学期には「高校に進学しても留年になる」とまで言われた成績ですが
先生も海斗のがんばりを認めているらしく それは誉めていただきました。
で 席次ですが
225人中まだ200番台だと言いますが「もう少しで100番台になってました」と。
「もう後ろにはほとんどいません」と言われた成績を考えれば よくやったと思います。
目標は学年で真ん中ぐらい(笑)
がんばれ海斗君





2011-07-21(木)

17日の日曜日に専門学生時代の仲間と飲み会をしました。
私と1番の仲良しさんはお子さんが熱を出して 急に不参加となったのが残念でしたが
それでも8人集まり どんちゃん騒ぎ(笑)
内5人は終電にも乗らず 朝までやっ!とオールをすると言う。
「まりあさんもオールしましょ」って誘われましたが
「いや、私は朝までは年齢的にもきつい」とお断り。
さすが20歳軍団 全然平気でカラオケ歌いまくりでした。
私が帰宅したのが2時頃で あれからみんなまだ歌ってたんだろうな〜
若いってすごいって思うのでした…。

さて この台風で休校となった海斗君
溜っていた宿題をせっせとやったらしく どうにか間に合った様子。
休校にならなかったら 間に合わなかったってことでしょうか?
土曜日に三者懇談があるんですが 今度は何を言われるか…ちと不安です。

実は私の実家の母が入院してまして。
夏休みに海斗と旅行に行く予定をしていたのですが 急遽田舎に帰ることになりました。
今月末に手術の予定で
そうなればしばらくは絶対安静でおそらく口腔ケアも満足にできないだろう。
だったら私が資格を活かして 帰省してる間だけでも担当しようと
今からその準備をしています。
おそらく口の中は乾燥したりしてるはず
だったらスポンジブラシもいるだろうし 歯ぐきマッサージ用のクリーム
補助的清掃道具など色々とそろえています。
学生時代に必死になって勉強したことは今 クリニックで活かされていますが
まさかこうも早く母に役立つとは思っていませんでした。
まりあは若い頃から色んなことがあり 決して親孝行な娘ではなく…
田舎に帰ったら 少し親孝行らしいことをしようかな…





2011-07-11(月)

午後診 まりあはお休みを頂きました。
予約の患者さんがいたのは分かってるのですが やっぱ年齢的なものかな?
精神的にジブンが安定してないのが分かるので
今日この状態で患者さんに施術するのは自信がない…。
スタッフもいるので ジブンの不安定さを出さずに表向きの顔を取り繕うものしんどくて、
こんな時は休むに限る と考えました。
男であるパパさんにこんな状態を訴えたって 理解出来ないだろう…って分かりきってるから
「患者さんの予約入ってたやん!」というのを
一切無視して「午後は休む」と言い切って 今ここの更新中。
やっぱ更年期かな…って凹み中…

クリニックでは毎月発行されるある雑誌をとっています。
これは歯科医向きではなくて 私たち衛生士向けのもの。
その中に掲載されたものに 自分と海斗の10数年前のことが思い出されました。

 私たち 障がい児を抱えた親たちが乗り越えなければならないことは
「わが子に障がいがあることを受容すること」です。
児童精神科医にわが子が障がい児であることを告知され
「わかりました」とすぐに理解し納得できる親はいません。
親も子どものいろいろな場面の1つひとつの壁をいっしょに乗り越えることで、
「そうか」と受け止め、納得していくように思うからです。
それは一生続きます。
   中略
 人が動く言葉には感動からの言葉、励ましの言葉、やる気を起こさせる言葉、
経験からの言葉、想いのこもった言葉などがあります。
親たちは障がい児の子育ての日々に一喜一憂し、根気のいる子育てをしています。
その根気を持続させてくれるのは皆さん方歯科衛生士なのです。
「あなたの子育てこそが 子育ての原点ですよ」と 子育てにほのかな自信が持てるような
言葉をかけてもらえるなら、親はどんなに嬉しいでしょう。

同じ歯科衛生士で自閉ちゃんの親御さんでもある方の文章です。
障がい児を育てながら 同じような障がい児(者)の歯科治療に携わり
感じたことを書かれていました。

こんな風に精神的に落ち込んでいる時の このような活字は応えます。
人間にとって言葉ってものは 大きくそして大切で…。
そう3歳だった海斗を連れて言語療法に通ったのは
その言葉を獲得して欲しい それだけだった…。
今 普通に会話出来る海斗を当たり前のように受け止めて
怒ったり怒鳴ったりしてる自分…。
海斗なりにがんばってるのを見落としがちで…。
今 ジブンがかけて欲しい言葉は それは海斗も同じだなと…。
そして 自分が関わる患者さんにも同じだなと…。

今日はもうゆっくり休んで 明日はまたがんばって働こう…





2011-07-10(日)

梅雨が明けた近畿地方、去年同様猛暑…
これなら雨が降っていた方が暑さのみを考えたら マシ…。

本日 パパさんはゴルフ
海斗は英検の面接試験
で、まりあは掃除洗濯 食料買い出し(笑)
実は我が家は以前から福島県会津産のお米を購入していました。
ミルキークィーンという銘柄なのですが この産地のお米だからかとってもおいしい。
が ご存知の通り今の福島県は…
とうとう店頭からこのお米が消えました。
できるかぎり店頭にある間は 買い占めて貯蔵してたのですが
それもとうとう底をつき やっぱり店頭にもない…。
あ〜ぁ あのお米おいしかったのに 今度食べれるのはいつだろう…。

海斗ですが その英検。
1人で電車とバスを乗り継ぎ 初めて行く会場にも無事到着。
うん ここまでは初めてが苦手な自閉ちゃんなのに よくできたと思う。
が 試験は緊張のあまり できんかったと言う…。
はぁ〜またかよ…って思う親の気も知らずに
「筆記試験合格は1年有効だから 次の面接試験には受かればええねん」と宣う。
あんた頼むわ、もうちっとがんばってくれんね…。





2011-07-05(火)


大阪の夏は暑い
だからか?夏になると患者さんが減る…(汗)
開業して毎年夏は 本当に年間でも一番患者さんの数が少なくなる。
そして秋の終わり頃から年末にかけて むちゃくちゃ患者さんは増える。
初めての夏を迎えたとき あまりのヒマさに「うちは潰れる?」って不安だった。
でも数年経つとこれが1年間の流れだと分かって来た。
今年もその様子で 6月はあれ程忙しかったのに 暑くなった途端ヒマです(笑)
そんなわけで まりあは今日休暇です。
だってヒマだから私がいなくてもスタッフだけで 十分過ぎるぐらいだしね(笑)
折角の休みなんで 前から欲しかった本を探しにキタまで行ってきました。
先日合格した「ホワイトニングコーディネーター」。
これを生かさないでどうする?って感じで 
患者さんへの説明ツールやチャート表、問診票や承諾書など 考えなきゃならんことはタンマリある。
うちの患者さんは一般歯科を望む方が多く 審美歯科や自費の治療をする方は少ないが
これからの歯科は虫歯治療もしながら 予防歯科や審美に力を入れるべきだと
まりあは考えているので 少しがんばろうかなって思う。
「まぁ うちの患者さんでどこまでできるか、やってみたら」とパパさんは静観気味ですが…。

さて海斗君ですが 現在期末試験中。
でも 中間試験に比べて自主学習の時間が短いと親は思っています。
本人は「やってる」と言い張りますが 前回に比べてモチベーションも下がっているのは
もう見ただけでわかる状態。
でも今ままで3日続けて勉強することができなかった子が それでも長続きしているのは確か。
その蓄積がどこまで保つかな〜?
期末なんて範囲が広いし 簡単にライン越えさせてくれる程先生は優しくないと思うけどな…。
そんな彼ですが
先日受けた英検3級の筆記試験に合格しました〜。
次の日曜日に面接試験があります。
全て英会話で行われる試験なんで これは海斗にはハードルが高いかな…。
卒業に必要な検定試験なんで 合格して欲しいな。




aboutへ戻る


inserted by FC2 system